原初のキス

zelan.exblog.jp
ブログトップ

タグ:芸術 ( 72 ) タグの人気記事


2018年 03月 19日

酒による比喩

c0207661_00120956.jpeg
絵画は醸造酒であり、版画は蒸留酒である、というのは自分が持っているジャンル横断的な認識なのだが、この理由をいざ言葉で説明しようとするとなんだかめんどうくさいことになる。でも、それこそ先般酒を飲んでいる席でこの考えを披歴したら即座にそうだ!と同意してくれた人がいたので、あながち根拠のない妄想でもないのだろう。

池田満寿夫氏が確か60~70年代位に書いたエッセイに、油絵をやってるとマチエール(いわゆる絵肌、絵の表面の持っている質感のこと)を作るのに苦労して正直疲れ果ててしまうが、版画なら技法を選んだ途端にマチエールはある程度規定されてしまうので、自分にはそれが合っているし好きだ、みたいなことが書いてあって、この言説は上述の醸造酒蒸留酒理論と、自分の頭の中ではつながるものであった。

う~ん、でもこういうと、単に時間の問題、みたいに聴こえちゃうかな。そういうことでは、ないのだけれど。
版画ってのはその名の通り「版」があって、それを何かのプロセスを通すことによって元とは形態及び質の違うものに転化する。でも絵画はその存在自体の中でじわじわと積みあげるように自らを変えていく、という仕組みを持ったものなのだ。




[PR]

by zelan | 2018-03-19 00:18
2018年 02月 20日

点をつける、ということ

c0207661_20401188.jpeg
全ての芸術は音楽を憧れる、というが音楽は過程そのものが即ち芸術表現だから、というのはおそらくその理由の中に含まれているだろう。(一方、例えば絵画の制作過程は表現を創る途中及び手段である。)そういう意味ではフィギュアスケートなんかはスポーツだけど芸術ぽい。

でもすごく違うのは、「お点」がはっきり付くところ。

じゃ、芸術には点がまったくついてないか、というとそうでもない。自分など何かギャラリーに行って人の作品を見るたびに個人的には点をはっきり、0.1ポイント刻みくらいでつけている。一番イタい点は、「あ~、あらゆる意味において(構想、技術、表現性等々・・即ち多かれ少なかれ人格)100%、完敗」と思う時。でも完敗作品に出会えば出会うほど、自分の喜びでもある(=作品を楽しめる)のが、芸術のよいところである。

[PR]

by zelan | 2018-02-20 20:40
2018年 02月 09日

欠けたものの力

c0207661_10564379.jpg
「心理的であれ物質的であれ、欠けているものを埋めようとすることに、我々は血道をあげる。
欠落というのは、まさにそこに存在していないがゆえに、あらゆるものの内でも最も強いエネルギーを有するもののひとつだ。アートの表現で、饒舌という方向に自分が魅力を感じないのはそのせいもある。」

と2010年にこのブログで書いたことがあるが、この考えは今も変わっていなくて、何かが欠けていて、その欠けていること自体が作品の質を主にレバレッジしている、そういうものを自分は興味深いと感じるし、自分の好きな方向性での高品質な制作物というものは、大概そういう性質を有している。そこには意識的無意識的に、何かを完全に捨象するか、あるいは存在しているのだけれど隠ぺいして、見る者に容易に知覚・理解させない、という戦略が絡んでいるような気がする。絵画史上最も有名なかの女性の表情などは、その例かもしれない。

[PR]

by zelan | 2018-02-09 10:57
2018年 02月 05日

おでまし

c0207661_21463232.jpeg
自分は無神論者だけど比喩的に言えばものを創ること自体は祈祷的なものに似ていないこともない。自分を媒介にして自分の力そのものではできない状況のお出ましを望み、きっかけを作り、手順を踏みつつ、待つのである。
しかしこういう認識は多分に東洋的かもしれず、西欧の人がそういうある種受動的な制作態度ないし感覚を持つものか否か、自分にはよくわからない。もっと自律・主導型ではないかと思う。

でもこのジャクソン・ポロックの言葉は東洋・西洋のステレオタイプを超えるようでおもしろい。

The painting has a life of its own. I try to let it come through.


[PR]

by zelan | 2018-02-05 21:48
2018年 01月 30日

「ヘン」について

c0207661_00010848.jpg
知人とギャラリーに展示を見に行った時、その展示がたまたまいたくお気に召さなかったその人が、「真っ白けの場所に、ヘンなもの置きさえすれば現代アート」と苛立たし気に言うので大いにウケた(真っ白けとはいわゆるホワイトキューブと呼ばれるが、壁も天井も白いコンテンポラリーの典型的展示空間)。
もしかしたら気に入る気に入らないとは別に、一部そういう側面は否定できない。ヘン=常とはズレている=よって感覚に刺激がある、というのは、芸術の十分条件ではないものの必要条件だからだ。そのヘンさ加減があからさまであざとかろうと、非常に巧妙に上品に表面から沈潜せしめられていようとも。

ヘンに関し、それが如何に強力なものであるか、モナリザについて妄想してみよう。古風な服装をH&Mで買った普通の服にして髪型も青山のヘアサロンでゆるふわセミロング前髪ありにしても、あの表情で道を歩いてるところに遭遇したら私ならすぐさま逃げます!

(図像:是蘭「虚数の恋」2009)

[PR]

by zelan | 2018-01-30 00:19
2015年 04月 21日

違い

日本は技巧でアートたらんとし西洋は思想でアートたらんとする向きが強いという違いはかなり大きいと思う。
それで結果が、よくもあしくもかなり変わってくる。
[PR]

by zelan | 2015-04-21 22:12
2015年 04月 12日

おもしろいこと

美しいって何なのか、というのが自分にとって正直一番真剣におもしろいと思える問いだ。美を愛で、美を創り、うつくしく生きることほどおもしろいことはないように思える。
[PR]

by zelan | 2015-04-12 23:37
2013年 06月 11日

からだと頭

美術・芸術はからだに訴えるからおもしろいのであって、単に頭だけに訴えるものは瞬間的にはそこそこ興奮するけれども結局のところさほどおもしろくない。
[PR]

by zelan | 2013-06-11 22:48
2013年 01月 07日

圧倒

それにしてもゲルハルト・リヒターのサイト、圧倒される。超多作、そのクオリティ。この二つには関係があるんだろう。いわば科学実験のように絵画を制作しているし、自らがまるで芸術創造装置のようだ。

リヒターのオフィシャル・サイト:
http://www.gerhard-richter.com/
[PR]

by zelan | 2013-01-07 00:43
2012年 11月 26日

何が

何がそこにないのか、を表現することができたら、それが絵であれ何であれ、随分面白いものになると思われる。
[PR]

by zelan | 2012-11-26 00:36