人気ブログランキング |

原初のキス

zelan.exblog.jp
ブログトップ

タグ:岡上淑子 ( 4 ) タグの人気記事


2019年 04月 05日

「感想」を確認に~「岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟」@東京都庭園美術館

1950年代に集中的に制作したコラージュ作家、岡上淑子の展示に東京都庭園美術館へ。
実は二回目。さすがに同じ展示を二度見に行くのは稀だが、とても楽しみにしていた展示だったにも関わらずどういう訳か最初に見た時に「はっきりした感想」が思い浮かばず、なんだかもやもやしていたからである。

理由を考えながら見ていくと、ある程度はわかった。

1.コラージュのモチーフとして結構細かい物品が多く、目と脳が泳ぐ。
画面は小さいが具象物の情報量が多いため、頭の処理に対しオーバーフローした。
2.結局のところコラージュというのは「いわくいいがたし」が志向され組み立てられているのであって、「イメージ」としてはばっちりしっかりの強度があっても、言葉にしづらい。
(分析的に見るなら、時代背景とかフェミニズム的な視点とか言葉や思考でひもとく手がかりはありそうだが、そうした言説はちゃんと書いてあったので自分ではあまり改めて考えたり感じたりしなかった・・。)

途中でエルンストの素晴らしいコラージュ・ロマンのコーナーなんかもあって全体としていい展示だ。
1回目に一緒に行った、諸展示に安々とは高いお点を付けない知人も「おもしろい!」とご満悦だったし。

それにしてもコラージュという技法(の本質を用いた優れた作品)がいかに激しく「統合的なもの」であるかを改めて認識する。
コラージュにも様々な情緒や構想があるし、必ずしも全てとは言えないが、個々の素材間は限りなく遠く離して、最終的に一つの画面に展開するときには人の脳の統合作用を刺激してイメージを絵空事でなくむしろリアルにする。
言葉で言える範囲のためとても雑駁な例だが敢えてあげると、タキシードきた七面鳥みたいなえせ紳士って、いますよね・・。離してからくっつける、この移動距離が大きければ大きい程おもしろい。

コラージュは、分裂的で、超現実的なものと思われているかもしれないが実は真逆。
様々な芸術技法の中でもことさら、脳において賦活させる機能という点からは統合的であり、そのイメージはむしろいかに現実的であるかを競うているのだ。

4月7日まで。



by zelan | 2019-04-05 11:29 | 展示レビュー
2019年 01月 26日

コラージュと朝ごはん

c0207661_12135007.jpg
このブログでも最近紹介している岡上淑子氏のコラージュの展示が目黒の庭園美術館でいよいよ今日から始まる。


コラージュは結構根源的に人間の営為に近い。人はいつもいろんなものを「組み合わせ」ているからだ。
朝ごはんを作る時に卵焼きと目玉焼きとスクランブルエッグを出して旦那や子供を驚かさずに卵焼きとお味噌汁と干物とご飯を出すのも立派な組み合わせ感覚及び行為である。

もっとも表現としてのコラージュは和定食ではない。大昔カリフォルニアロールというものを知りちょっとびっくりしたが食べ物でいえばあっちの方がコラージュに近い。それまで米とアボカドを一緒に考えることなんて殆どなかっただろうから。

コラージュは即ち基本的な制作原理として、素材同士であれ素材の持っている一般概念に対してであれ、「距離」を作るというのが重要である。そういう意味では卵焼きと目玉焼きとスクランブルエッグ朝食は意外にコラージュ。通常の、卵料理を含む朝ごはん概念からの「距離」があるからである。


by zelan | 2019-01-26 12:16 | コラージュ
2019年 01月 22日

正解二種

c0207661_12095023.jpeg
自分は比較的最近まで全ての問題には絶対的な正解があると思ってきた(それに自分がたどり着けるか否かは別して)。
でも最近になって、絶対的答えっていうのはない場合も多いんだろうとしぶしぶ認めるようになった。
しかし何と今でも、「相対的正解」はあると思っているのである。つまり何かの問題について考えるとき我々は多くの場合答えに関するいくつかの仮説から選択する。そういう場合には他の選択肢より総合的に見て優れた答えというものが必ずあるように思う訳。もしかしたらこれも事実ではなく、問題によっては答えだのよりよい答えだのがないものもあるかもしれない。でも、であるならそもそもそれを「問題」と捉えることが「問題」だと、個人的には思うのである。

という「正解問題」について頭を巡らしていた時具体的にどんな状況だったかというと、部屋を片付けてから風呂に入るか、風呂に入ってから片付けをするかということで迷ってたんですね。
冬場になるとお風呂のお湯が冷めやすいのでなるべく早く入った方がいいが、制作してやや乱れていた部屋を見るとこれを放置してお湯に浸かってもリラックスできそうになくしっくりこない。
実は自分の理性が即座に出していた答えは風呂に入るである(だって迷ってる間にも湯がどんどん冷めるんだもん)。ただ感情は感情で明確に掃除を優先したがっていたのである。そこで力を振り絞り、「相対的正解」を選択即ち風呂に入ったのだった。

ところでコラージュを作っていて、何かの素材に別の素材を組み合わせる時、それには正解っていうものがあるのだろうか。
物理的には無限に近いほどある選択肢の中からより適合するものを選ぶということで、ここでもまた相対的な解が登場だ。言ってみればすべてのコラージュは作家が必死で選んだ相対的解の集まりで創られている。

一方優れたコラージュというものは相対的なはずの解が絶対的解に見えるのです。これが不思議。

1月26日から。





by zelan | 2019-01-22 12:16 | コラージュ
2019年 01月 13日

岡上氏と「センス」~ 「岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟」展 (東京都庭園美術館)

コラージュ界というものがもしあるとすれば、今この話題でもちきり(のはず)なのが、目黒の庭園美術館で1月26日から4月7日まで開催される


であろう。

岡上氏は評論家・瀧口修造に見いだされた美術作家で、主には昭和2,30年代の短期間集中的に非常に密度の高いコラージュ作品を制作した。
家庭に入って制作から離れていたため一時忘れられた存在だったが、香り立つ閃光のごとき豪奢にして硬質かつ官能的作品の数々は近年再評価され、MOMAにも作品収蔵されている。
結論:必見!!(以前実作を写真美術館やアートフェアで拝見しているので、確信をもってこう言うのである。)

作品に、感覚的圧力があるのに品がある。
圧と品とはえてして矛盾するのに、である。
圧を得んとして品を捨てることは、もしかしたら美術に限らないかもしれないけど事象として(とても頻繁に)ある、
圧があるのに品がある、それをして人は「センス」と呼ぶのかもしれない。



by zelan | 2019-01-13 20:47