原初のキス

zelan.exblog.jp
ブログトップ

タグ:展示案内 ( 8 ) タグの人気記事


2018年 11月 08日

本日から Gallery Art Point(銀座)是蘭個展

c0207661_08150859.jpg
銀座のGallery Art Pointプロデュースによる個展が、本日12時半にオープンとなります。
全26点モナリザをモチーフとするコラージュ、絵画、ミクストメディア作品の展示です。
お目にかかれますのを楽しみにしております。

展示概要:
11月8日(木)開廊12時半 閉廊19:30
11月9日(金)開廊12時半 閉廊19:30
11月10日(土)開廊12時半 閉廊17:00
(最終日は閉廊が早めですのでご注意ください。)

会場はGallery Art Point(銀座)、アクセスは以下の通りです。

アクセスマップ:


[PR]

by zelan | 2018-11-08 08:15
2018年 10月 30日

小林亜星氏とかけて・・・

先日TVをつけたら小林亜星氏が出ていて、一瞬、過去の番組の再放送であろうと思った。なぜなら自分の記憶の中の「寺内貫太郎一家」の頑固親父と5ミリも違わない風貌の彼がそこにいたから。

件の番組が放映されていたのは1974年、その頃の自分と現在が500キロ位変貌しているとすれば、5ミリはいかにも小さすぎる。彼に投げ飛ばされていた西城秀樹氏、ジュリー!と叫んでいた樹木希林氏が物故して間もないこともあり、この変わらなさはほとんど「悪魔に魂売ってるんぢゃないか・・・」と思ってしまう程だ。現在86才であらせられる。

驚愕した自分が即座に考えたことは2つ。

1. 昔からかなり恰幅がよいが、雰囲気を見るに健全なる長命を享受されている。で、その番組はインタビュー番組だったのだけれど、彼は「好きなことをやる、やってきた」という筋で、快活に自然に、話をしておられた。こういう性格なら、仮にメタボでもその害が抑えられるのではないか、要は人間を健康にするのは、食べ物や体格やなんやかやというより、性格や人生に対する構えではないか、ということ。

2. 外見が変わらないということはその根底にある生命力が尋常でない、その点で氏は「モナリザ」に似ている。

2.の発想は自分が最近毎日、大量にモナリザの図像を目にしているせいかもしれない。500年以上その風貌が衆目を変わらず集め続けているというのは、大層なことであると思える。

11月8, 9, 10日の3日間、銀座のGallery Art Pointプロデュースにて開催する個展では、全作モナリザを主役あるいは脇役に、ミクストメディア作品を展示致します。


<展示概要>
11月8日(木)開廊12時半 閉廊19:30
11月9日(金)開廊12時半 閉廊19:30
11月10日(土)開廊12時半 閉廊17:00
(最終日は閉廊が早めですのでご注意ください。)

会場のアクセスは以下の通りです。

アクセスマップ:

お目にかかれますのを楽しみにしております。

[PR]

by zelan | 2018-10-30 21:37
2018年 09月 10日

受賞及び展示のご案内:「第7回FEIプリントアワード」

c0207661_19445710.jpg
FEI ART MUSEUM YOKOHAMA 主催の国際版画公募展「第7回 FEI PRINT AWARD」にて、拙作「異なる夜へ」が「美術の窓賞」を受賞しました。他の入選作一点と共に以下入選作品展覧会にて展示されております。

<第7回 FEI PRINT AWARD入選作品展>
期間:2018 年 9 月 4 日(火)ー 9 月 16 日(日)10:00〜19:00(最終日は 17:00 まで)

図像: 是蘭「異なる夜へ」Toward Different Night 2018
    68 x 60.5 cm モノタイプ(紙、アクリル絵具、インク、孔版)


[PR]

by zelan | 2018-09-10 19:57
2018年 09月 02日

個展案内:「或る女性 A Certain Woman」11月 銀座Gallery Art Pointにて

c0207661_17055121.jpg
2018年 11月8, 9, 10日の3日間、銀座のGallery Art Pointプロデュースにて個展「或る女性 A Certain Woman」を開催致します。
旧作コラージュから新作の絵画、ミクストメディア作品まで30点前後の展示を予定しています。

<展示概要>
会期:
11月8日(木)開廊12時半 閉廊19:30
11月9日(金)開廊12時半 閉廊19:30
11月10日(土)開廊12時半 閉廊17:00
(最終日は閉廊が早めですのでご注意ください。)

会場はGallery Art Point(銀座)、アクセスは以下の通りです。

アクセスマップ:

会期中存廊しております。
お目にかかれますのを楽しみにしています。


[PR]

by zelan | 2018-09-02 21:26
2018年 06月 13日

是蘭個展「水の地図」6月14日まで

c0207661_23571352.jpg
Gallery Art Pointにおける個展にて、多くの方にご来廊頂いており、ありがとうございます。
残すところ13日(水)、14日(木)2日となりました。

独自技法のモノタイプ(一点刷り版画)、コラージュ作品等展示しております。

展示詳細:

図:作品「異なる夜へ」2018 是蘭

[PR]

by zelan | 2018-06-13 00:01
2018年 06月 11日

本日より個展開催です

c0207661_09483144.jpg
本日より銀座にて個展を開催します。

Gallery Art Point

14日まで、会期中在廊しております。

[PR]

by zelan | 2018-06-11 09:49
2018年 05月 30日

エクセルにムキーッッ!となるの巻

c0207661_22180840.jpeg
展示が近いので絵に添えるキャプション(タイトル、技法、サイズや価格などが書いてあるプレート状のもの)を作っていた私は、困った事態に陥った。セルの中に右揃えで文字配置を設定している箇所がいくつかあり、特定の行だけ右側に隙間が開いてしまって、他の行と揃わないのである。

額も絵のうち、という言葉がありそれは確かだが、キャプションだって絵のうちと言えなくもない。一つの作品の視覚体験において連続性のある何者かであることは間違いないからだ。そこで自分は一所懸命ググって、どうすれば揃わない右端が揃うのか問題に1時間半ばかり費やした。Webには様々な処方箋が並んでいたが、順次試していっても全然効果がない。普段は穏やかな自分だが、だんだんハラが立ってきた。
人間怒れば怒る程、その怒りによるストレスをサンクコストと認めるのを避け、ますますこだわって「その問題」を解決しようとする。それが容易に解決しないと怒りが増して、更に悪循環にはまる、という具合になってしまった。

が、かっかしていたさなかにふと、「PPTでつくればいいぢゃん」という声が天啓のごとく脳裏にひらめいたのである。で、作った。当然のごとく右端は揃う・・・。なーんだ、「エクセルの特定行の右端が完全に右詰めされない」、ことが問題だったのでなくて、そもそも絶対にエクセルで作らねばならない訳ではない、という事実をスルーしていた自分自身が問題だったのだ。バカボンのパパならば、「国会で決めたのか」と自らに問うべきだったのである。外側(Ex.エクセルの動作)に問題があるのでなく自分の思いこみが、問題。これはいわゆる「問題」の典型的パターンのような気がする。

ちなみに後で、以前の展示で作ったエクセルのキャプションを見てみたら、平然とズレているのがいくつかあったのでびっくりした。ズレてるといっても人が気づくレベルというより当人だけ気になるレベルかもしれないけれど、ズレてるものはズレている。自分の感覚精度がいつの間にか、かたまたまか、上がっていたのである。

展示概要は以下の通りとなります。
 展示名: 是蘭 「水の地図」
 会期: 6月11日(月)~ 14日(木) 4日間 
 開廊時間: 12:30より、11日~13日は19:30、14日最終日は19:00迄
 会場: 銀座 Gallery Art Point bis http://art-point.jp/access/

会期中在廊の予定です。

尚、今後も含め当方の展示等の活動情報のご案内をご希望の方は、当方HPの以下リンクより、メールアドレスをご登録頂けましたら幸いです。(既にご案内をお送りしている皆様はご登録不要です。)


お目にかかれますのを楽しみにしております。

[PR]

by zelan | 2018-05-30 22:38
2018年 03月 21日

是蘭個展「水の地図」2018年6月 Gallery Art Point bis(銀座)にて

c0207661_14392661.png

本年6月、銀座Gallery Art Pointの企画展示として、個展を開催します。
期間中在廊しております。お運び頂けましたら幸いです。

【開催概要】
  展示名: 是蘭 「水の地図」
  会期: 6月11日(月)~ 14日(木) 4日間 
  開廊時間: 12:30より、11日~13日は19:30、14日最終日は19:00迄
  会場: 銀座 Gallery Art Point bis https://artpoint.jp

是蘭は、主な描画材料としているアクリル絵具と人間の意識が共有している流動性に着目し、自らの動作を版として即興的・偶発的なプロセスで作画を進める技法を主に用いてきました。絵画、版画、並びにコラージュ等を用いた混合技法作品を制作しており、今回は新作を中心に展示致します。

[PR]

by zelan | 2018-03-21 15:56