人気ブログランキング |

原初のキス

zelan.exblog.jp
ブログトップ

タグ:コラージュ ( 41 ) タグの人気記事


2019年 04月 05日

「感想」を確認に~「岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟」@東京都庭園美術館

1950年代に集中的に制作したコラージュ作家、岡上淑子の展示に東京都庭園美術館へ。
実は二回目。さすがに同じ展示を二度見に行くのは稀だが、とても楽しみにしていた展示だったにも関わらずどういう訳か最初に見た時に「はっきりした感想」が思い浮かばず、なんだかもやもやしていたからである。

理由を考えながら見ていくと、ある程度はわかった。

1.コラージュのモチーフとして結構細かい物品が多く、目と脳が泳ぐ。
画面は小さいが具象物の情報量が多いため、頭の処理に対しオーバーフローした。
2.結局のところコラージュというのは「いわくいいがたし」が志向され組み立てられているのであって、「イメージ」としてはばっちりしっかりの強度があっても、言葉にしづらい。
(分析的に見るなら、時代背景とかフェミニズム的な視点とか言葉や思考でひもとく手がかりはありそうだが、そうした言説はちゃんと書いてあったので自分ではあまり改めて考えたり感じたりしなかった・・。)

途中でエルンストの素晴らしいコラージュ・ロマンのコーナーなんかもあって全体としていい展示だ。
1回目に一緒に行った、諸展示に安々とは高いお点を付けない知人も「おもしろい!」とご満悦だったし。

それにしてもコラージュという技法(の本質を用いた優れた作品)がいかに激しく「統合的なもの」であるかを改めて認識する。
コラージュにも様々な情緒や構想があるし、必ずしも全てとは言えないが、個々の素材間は限りなく遠く離して、最終的に一つの画面に展開するときには人の脳の統合作用を刺激してイメージを絵空事でなくむしろリアルにする。
言葉で言える範囲のためとても雑駁な例だが敢えてあげると、タキシードきた七面鳥みたいなえせ紳士って、いますよね・・。離してからくっつける、この移動距離が大きければ大きい程おもしろい。

コラージュは、分裂的で、超現実的なものと思われているかもしれないが実は真逆。
様々な芸術技法の中でもことさら、脳において賦活させる機能という点からは統合的であり、そのイメージはむしろいかに現実的であるかを競うているのだ。

4月7日まで。



by zelan | 2019-04-05 11:29 | 展示レビュー
2019年 04月 02日

これ俳句 ~ 内藤京平「luna o lunar」@Bambinart Gallery

3月に開催されていて既に終わってしまった展示ではあるが、アーツ千代田3331のBambinart Galleryで内藤京平氏の個展を見た。

古典絵画からのモチーフと線とドットで構成されていて、基本それ以外の要素を含まずミニマルにまとめられている。余白が非常に大きい作品もあって自分は氏の「抑制力」に感心した。自分なら余計なサービス精神を余計さが出ないように四苦八苦しつつそれでも余計にやってしまう可能性がある。

さてミニマルとは言ったが絵画は要素が多かろうが少なかろうが適確な情報密度が必要で、情報密度とは即ち脳及び視覚を始めとする身体感覚への刺激であろう。そしてどこにその刺激を感じるかということは個人差があるかもしれない。自分の場合は具象モチーフ部分がどのように作成されているのかしげしげと見つめてもよく分からないことにいたく興奮した。描画材で描写したようには見えないのだが、印刷物を貼った感じでもなく表面に蜜蝋状のくすみ・・・もしくはメディウムを混ぜた絵の具とかもしれないが・・が施されている部分があってそれが背景とのなじみをよくするとともにモチーフ部分のマチエールに深さを与えている。もしかしたらタトゥーシール的なものも利用されているのかとも思ったが、例によってどこかに書いてあるかもしれないけどそれを調べないで想像することに喜びを見出す自分には、何が正解なのかわかんないのであった。

要素極小にして深く楽しめる、俳句みたい。

展示概要


by zelan | 2019-04-02 11:22 | 展示レビュー
2019年 03月 28日

ビクトリア朝女性とコラージュ

c0207661_09424416.jpg
コラージュは、美術技法としてはピカソやブラックが20世紀初頭に始めたと言われているが、それにかなり先行して ビクトリア朝の社交界にいたMary Georgina Filmerとかその他上流階級の女性達がこちらにあるような作品を作っている。


明らかに、ピカソの 籐椅子のある静物画よりも、後日エルンストが「百頭女」のような作品から確立するようなシュルレアリスティックなコラージュ作品のイメージに近いのが興味深い。

4月10日から目黒学園カルチャースクールで全6回の「初めてのコラージュ」講座を始めます。詳細はこちらです。

(図像はMary Georgina Filmerのコラージュ)




by zelan | 2019-03-28 09:46 | コラージュ
2019年 03月 26日

関係が決める

c0207661_13562110.jpg
2010年頃に書いた記事を改変して再録します。

結局すべては関係性である、ということがコラージュをしているとよくわかる(伝統的な絵画でももちろんそうだろうがコラージュは個々のモチーフが独立しているし、自由に動かしたり、取り替えたりできるのでなおさら)。

そして、人間の頭は抽象化して考える性質があるので、つまり自分は現実も、そうであろうと思うのだ。

例えばひとりの人間が誰かにとって、もしくはある状況において、良い人だったりそうでもなかったりする。
その性質は、その人に元々内在しているから発現するとは思うが、それが発現するスイッチは、関わる相手や私的公的環境、タイミングなどが押している。だからかもしれないが、誰かが自分の期待に沿わない動きをしたとしても、すごく実害があるとかでない限り、結構寛容にふるまいたいとは思っている(いつもできるとは限らないが)。

こちらからはふと醜いとおもったり地味だと思うような存在でも、別の絵の中で別の環境の中に置いてみれば、すごく重要で美しいモチーフかもしれない。

明日3月27日目黒学園カルチャースクールにてコラージュを初めて創る方向けの体験会を行います。
ご興味のあります方は同校 電話03-6417-0031までお申込みの程お願い致します。

日時:3月27日(水) 15:30 – 17:00
費用:1,782円 (税込)
「初めてのコラージュ」体験会及び連続講座詳細はこちらより

(図像 是蘭「Awakening」2018)


by zelan | 2019-03-26 13:59 | コラージュ
2019年 03月 18日

組み合わさない

c0207661_21214422.jpg
コラージュなどで素材を「組み合わせる」と普通に言うが、実際の処組み合わせるというより互いに干渉させる、という方が正しい。

(図像 是蘭「地上の舟」2010)


by zelan | 2019-03-18 21:23 | コラージュ
2019年 03月 14日

買い物メモとコラージュ

c0207661_21042453.jpg
外に出た時買わなければいけないものをしばしば忘れて帰ってきてしまうので、対策を取った。
玄関のドアのチェーンロックをはめる四角い箱みたいなものの上に、買うものを書いたポストイットを貼る、という方法だ。

今日それを見たら「乾燥わかめ」と「電動消しゴム」と並べて書いてあって笑った。これは立派なコラージュだ。

いわゆるコラージュを制作する際のキモを一言で言うとすればそれは、「距離」ということになる。
つまり、女性のヌードの横に花を貼っても一般的にはあまり面白くなりづらいが、宇宙船の窓から焼き鳥を飛び出させれば、面白いかどうかはともかくとして少なくともよりコラージュ的になる。乾燥わかめと電動消しゴムにはそれ相応の距離があるために、自分はこれをコラージュ的であると感じた。

初心者の方々向けのコラージュ講座体験会を目黒学園カルチャースクールにて以下の日時にて行います。
ご興味のあります方は同校 電話03-6417-0031までお申込み・お問合せの程お願い致します。

日時:3月27日(水) 15:30 – 17:00
費用:1,782円 (税込)

講座詳細はこちらです。

(図像 是蘭コラージュ「禁門」2009)



by zelan | 2019-03-14 21:04 | コラージュ
2019年 03月 11日

是蘭 グループ展/コラージュクラスご案内

近々の活動のご案内にて失礼します。

1.展示:ギャラリー美の起原 奨励賞受賞者展
昨年同ギャラリー主催公募展にて奨励賞を受賞し、受賞者によるグループ展に参加致します。

会期:4月17日(水)~ 30日(火)12:00 – 18:00(最終日のみ15時まで 日曜休廊)
会場:美の起原(銀座)

壁長3.5メートルに大作含む新旧作複数点を展示の予定です。
初日及び最終日在廊致します。

2.「初めてのコラージュ」講座(目黒学園カルチャースクール)
コラージュ初心者の方向けに連続講座を行います。
(4~6月第2/第4水曜日 15:30 – 17:00 全6回 税込16,524円)

コラージュの歴史や鋏等道具の使い方、素材選びの着眼点、絵具を使った応用技法まで、「オリジナルな作品を自身で制作・展開していくための基礎」についての講座です。

以下はコラージュの小品を実作する体験会となります。
体験会のみのご参加や連続講座への直接のお申し込みも可能です。

日時:3月13日(水) 15:30 – 17:00
   3月27日(水) 15:30 – 17:00
費用:各回 1,782円 (税込)

講座詳細はこちらです。

(ご参考)是蘭コラージュ作品より

お申込先:目黒学園カルチャースクール 電話:03-6417-0031




by zelan | 2019-03-11 17:04 | 展示案内
2019年 02月 18日

わりとダイジョブ、破壊と絵画

この記事は最終的には当方のコラージュクラスの告知になることを今ここで予告するが、話の発端としては先日、今ひとつ期待通りにいかなかったことがあって機嫌が悪くなり友達にグチっていたら、しばらく黙って聞いていたその人が「でもそれって、わりとダイジョブだよね」と言ったことに遡る。確かに。おいしいものを食しつつ親切な知人にグチを聞いてもらっているという状況自体が、ダイジョブ感満載だ。ダイジョブでなかったら、自分はその頃対応に駆け回っていなければならなかったはずだからである。

話変わって現代ドイツの世界的画家、ゲルハルト・リヒターのビデオ「Painting」。
ネットでトレイラーを見てDVDを買った(悲しいかなPALだけだったのでPALが見れるDVDプレイヤーも同時に買った・・)。

トレイラー:

ここでは彼の抽象作品の制作過程をつぶさに見ることができる。たとえ既にかなり美しいと思える画面であっても、幅広のスキージ(持ち手を付けた板のようなもの)をザザーっと惜しげもなく走らせている。結果、乾く前の絵具が押されて一瞬で画面が相当に変わる。絵具が混ざったり、さっきまで一番表に出ていた絵具が下からほの見えるだけになったり、あるいは完全に表からは消えたり。そしてまた別のスキージの操作で、いきなり表にひっぱり出されたりするのである。リヒター自身が、なんでここにこの色が出てきたんだ、などと言っている場面もある。このスキージ操作は、何十回も繰り返される。

壊すの、わりとダイジョブなんだな、と自分はこれを見て思った。
途中で彼が、「あ(に点々)~、さっき間違ったー!」みたいな発言をしているところもあっておもしろいのだが、結局の処作品は終局(完成)に向かう。彼の言葉の主旨によれば、絵に追加の打ち手を取りうる可能性がなくなった時、とにもかくにも絵は完成する。

作品を制作するとき、「壊す」という行為に関する構えや考え、感情は作家にとってそれぞれで、技法との関わりも深い(ごく乱暴に言えば油絵は破壊に対しロバストだけど薄塗りで色の濁りやすい水彩は壊しづらいとか・・)。破壊、それは時に不可避かつ絵に力を与えるためには必要な場面がある一方で、特に心情的には忌避され、ある場合は勇気の象徴であり別の場合は(どこかのプロセスで過ちを犯したなどの)愚かさの結果と認識される、等々と、なかなかやっかいかつ興味深い存在だ。

リヒターのこのスキージの技法のプロセス上の眼目はしかし、壊すという言葉だけでは語れないところもある。「結果を(ほぼ)不可知にする」というための技法そのものであるように見えるこの操作は、壊しているのか創っているのかさえ不可知にすることで、創造と破壊を同時進行させ作家の仕事をかなり「選択」するということに振り切っているように見えるからだ。

でも以前高名な美術家の方が、ものの見方は使っている技法に影響される、とおっしゃっていたなあ・・自分がリヒターのスキージを上記のように感じるのも、技法のひとつとしてコラージュを使ってきたからに違いない。結局「選択する」ことはコラージュ行為の中心であるからだ。いずれにせよ何かをある程度以上理解し実践することは、多かれ少なかれ新しい目、すなわち「そういうものの見方」を、持つことなのである。

目黒学園カルチャースクール4月期にて初心者の方向けコラージュの連続講座を開催します。
3月13日と27日は体験会(税込1,782円)です。体験会のみのご参加も可能ですのでご興味のあります方はお気軽にご参加ください。

詳細はこちらです。





by zelan | 2019-02-18 21:43 | セミナー案内
2019年 01月 26日

コラージュと朝ごはん

c0207661_12135007.jpg
このブログでも最近紹介している岡上淑子氏のコラージュの展示が目黒の庭園美術館でいよいよ今日から始まる。


コラージュは結構根源的に人間の営為に近い。人はいつもいろんなものを「組み合わせ」ているからだ。
朝ごはんを作る時に卵焼きと目玉焼きとスクランブルエッグを出して旦那や子供を驚かさずに卵焼きとお味噌汁と干物とご飯を出すのも立派な組み合わせ感覚及び行為である。

もっとも表現としてのコラージュは和定食ではない。大昔カリフォルニアロールというものを知りちょっとびっくりしたが食べ物でいえばあっちの方がコラージュに近い。それまで米とアボカドを一緒に考えることなんて殆どなかっただろうから。

コラージュは即ち基本的な制作原理として、素材同士であれ素材の持っている一般概念に対してであれ、「距離」を作るというのが重要である。そういう意味では卵焼きと目玉焼きとスクランブルエッグ朝食は意外にコラージュ。通常の、卵料理を含む朝ごはん概念からの「距離」があるからである。


by zelan | 2019-01-26 12:16 | コラージュ
2019年 01月 22日

正解二種

c0207661_12095023.jpeg
自分は比較的最近まで全ての問題には絶対的な正解があると思ってきた(それに自分がたどり着けるか否かは別して)。
でも最近になって、絶対的答えっていうのはない場合も多いんだろうとしぶしぶ認めるようになった。
しかし何と今でも、「相対的正解」はあると思っているのである。つまり何かの問題について考えるとき我々は多くの場合答えに関するいくつかの仮説から選択する。そういう場合には他の選択肢より総合的に見て優れた答えというものが必ずあるように思う訳。もしかしたらこれも事実ではなく、問題によっては答えだのよりよい答えだのがないものもあるかもしれない。でも、であるならそもそもそれを「問題」と捉えることが「問題」だと、個人的には思うのである。

という「正解問題」について頭を巡らしていた時具体的にどんな状況だったかというと、部屋を片付けてから風呂に入るか、風呂に入ってから片付けをするかということで迷ってたんですね。
冬場になるとお風呂のお湯が冷めやすいのでなるべく早く入った方がいいが、制作してやや乱れていた部屋を見るとこれを放置してお湯に浸かってもリラックスできそうになくしっくりこない。
実は自分の理性が即座に出していた答えは風呂に入るである(だって迷ってる間にも湯がどんどん冷めるんだもん)。ただ感情は感情で明確に掃除を優先したがっていたのである。そこで力を振り絞り、「相対的正解」を選択即ち風呂に入ったのだった。

ところでコラージュを作っていて、何かの素材に別の素材を組み合わせる時、それには正解っていうものがあるのだろうか。
物理的には無限に近いほどある選択肢の中からより適合するものを選ぶということで、ここでもまた相対的な解が登場だ。言ってみればすべてのコラージュは作家が必死で選んだ相対的解の集まりで創られている。

一方優れたコラージュというものは相対的なはずの解が絶対的解に見えるのです。これが不思議。

1月26日から。





by zelan | 2019-01-22 12:16 | コラージュ