原初のキス

zelan.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 27日

2009年7月8日 欠けたもののちから

美は細部に宿るという。
確かに、美しい人の顔などを見ていると、長いまつ毛とか、
すーっとした鼻梁とかに一瞬で吸い込まれるように目が行く。
それは、「全体(個々の細部相互の関係性やその統合的な印象)」が
我々の感覚の集中力を損なうことがないということだ。
だから、美が細部に宿るというよりむしろ、全体において感覚が
自然に細部に導びかれるときその邪魔をするような「ノイズ」が、
「欠けて」いるということなのだ。

# by zelan | 2009-09-27 13:01
2009年 09月 27日

2009年7月7日 内海聖史「千手」

七夕のこの日、内海聖史氏の個展をGALRIE ANDO(渋谷)に見に行く。
彼の作品の実物は初めて見た。
図版などからの想像よりずっと物質感があり、「光」というより「土」、
「情報」でなく「モノ」であった。

# by zelan | 2009-09-27 13:01
2009年 09月 27日

2009年7月6日 「ネオテニー展」他

上野の森美術館で「ネオテニー展」。
精神科医にして大コレクターの高橋龍太郎氏のコレクションで、
日本現代アートのエッセンスを総覧する。
次の予定まで時間があったので二周したが、二周めでなお足を止めたのは
町田久美氏。原初的なイメージの方が、「現象」の描写より強い。

# by zelan | 2009-09-27 13:00
2009年 09月 27日

2009年6月24日 国際問題勉強会

人材エージェント会社CEAFOMの役員松本哲郎氏が長年主催する
国際問題勉強会にて、コラージュ技法とアートを楽しむ視点について講演。
美術館の入場者数などからみると、日本人はアート好きなのだが、
日常的にはあまりそういう実感がない。
ギャラリーも含め活用できる場所は多いので、「極私的な楽しみの視点」を
見つけて触れてみて頂きたいと思う。

# by zelan | 2009-09-27 13:00
2009年 09月 27日

2009年6月15日 誘惑

手をぶつけるようにしてものに触る人が多い。
自分も、あわてていたりするとよくそうなる。
なにをするにせよ、「たまごの黄身が割れない程度に」、
触れるのがいいと思う。
ところで、皮膚や筋肉には、そっとさわると内部で白血球が賦活する
というようなことを鍼灸師さんから聞いた。
強く押したりするとむしろ筋肉などはぎゅっと閉じてしまうらしい。
緊縮の逆ブレの弛緩を利用しているのが、強くもむマッサージとか。

相手に運動をおこさせようとすればそれを強制するのでなく、
誘うようにするのがよろしい、そういう意識すら持たずに。
絵にもそういうところがある。

# by zelan | 2009-09-27 13:00
2009年 09月 27日

2009年6月4日 プロセス

日常生活で多くの刺激に対し我々は習慣的に反応し、
実の処そこにはさほどの自由はない。
刺激に対する反応を意識化することが絵画の過程だ。
しかし選択した結果が、我々の狙ったものになるかはわからないし、
必ずしもそうでなくてもよい。
それが新たな刺激になり、また反応を選択するゲームが始まる。

# by zelan | 2009-09-27 12:59
2009年 09月 27日

2009年6月10日 コラージュについて

コラージュとは、古典絵画などの切り抜きを始めとする既存のイメージの
組み合わせによって、新たなイメージを構成する技法である。
芸術表現としては1910年代にピカソやブラックが始めたとされ、
ダダやシュールレアリスムの運動の中で発展した。
代表的作家にはドイツのマックス・エルンストなどがいる。彼が1920年代末
に発表した「百頭女(ひゃくとうじょ)」は、今もコラージュ作品の金字塔として
有名である。

歴史的な説明はともかくとして、コラージュにおける制作上の面白さは、
「痕跡を残さずにモチーフを動かすことができる」という、平面芸術においては
稀有な特質を持っていることだ。
つまり自分の身体の運動性そのものと、飽かず戯れることができるのだ。
加えて、コラージュではイメージの構成要素である素材を自ら制作しない
ため、対象に迫る鍛錬されたデッサンや、マチエール(筆触)への意識に
エネルギーを振り分けることなく、イメージの強さそのものに単刀直入に
取り組むことができる。

他者の作った素材を通し運動性とイメージの強度を追求するという
コラージュの制作過程から、コラージュが持つこととなる特異な情緒は、
「他者性」の「侵入」である。
コラージュとは結局の処何かに何かを侵入させて、それが「ぐっとくれば」
いいものだ。

その意味でコラージュは、いずれの作品も象徴的には一種の性的な表現と、
言えるかもしれない。

# by zelan | 2009-09-27 12:59 | コラージュ