原初のキス

zelan.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2018年 09月 29日

ZINE「或る女性 A Certain Woman」ブックフェア出展

東京目黒のZINE(少部数自主制作本/雑誌)専門書店MOUNT ZINEの仲介にて、サンフランシスコで9月に開催されたブックフェア「SF Zine Fest 2018」に出品しました。

モナリザをテーマとする新旧コラージュ及びミクストメディア作品図像と共に、本ブログより改版・追記したエッセイを収録しています。

タイトル:「或る女性 A Certain Woman」
判型A4、図像15点、エッセイ7編入り約30ページ
言語:日英バイリンガル
c0207661_17042811.jpg
c0207661_17045812.jpg
c0207661_17140545.jpg
限定エディション ジクレーミニプリント(デジタル版画)付にて、11月の個展の時期に発行の予定です。

是蘭個展:
「或る女性」 11月8日(木)~ 10日(土) Gallery Art Pointにて


[PR]

by zelan | 2018-09-29 17:43
2018年 09月 20日

ボケたらもっとボケボケに

c0207661_16295538.jpg
絵を描いていて例えば部分的に「ここがボケてるな・・」と思ったらすぐにはっきりさせたくなるのだけど、むしろボケをボッケボケに強調する方が経験的にはいいような気がするのである。
はっきりさせると他のはっきりのところとの差が減少して、全体としてのっぺりになっちゃう・・。

人間の欠点というものもそういうところがあるかもしれない。欠点とか苦手とか、一見劣っていると見受けられるところは結局のところむしろ拡大して利用した方が、完全に避けて通ったり正面突破(克服)しようとしたりするより成功確率が高いのでは、と感じられる。

本件については似たようなことを以前の記事でも書いた。

なぜ同じようなことをよく考えているかというと、制作上自分ができないとか、やりたくないとかそういうことどもは結構たくさんある訳であって、でもふとそういう能力があるといいのではなどと考えた際に、確信犯的に逃げ切るか、あるいは工夫してそれっぽくみせるか、訓練するか、とりあえずやってみるか(稀だがそれで意外にうまくいくこともある)を迷う、という場面が頻繁にあるから。で、経験的には、「ボケたらもっとボケボケに」作戦すなわち、「不足している能力」を「過剰な無能」みたいにするのが、比較的有意義だったように思うのである。

とはいえ、訓練あるいはやみくもに突破してみようかなー、という色気がしょっちゅう出てしまう。もしかしたらそれらの試みで膨大な時間を消費しているかもしれない。
これについてはスティーブ・ジョブスの黒いタートルネックのように決めた答えを常に選ぶ、という習慣を確立できないのである。
 

[PR]

by zelan | 2018-09-20 16:33
2018年 09月 10日

受賞及び展示のご案内:「第7回FEIプリントアワード」

c0207661_19445710.jpg
FEI ART MUSEUM YOKOHAMA 主催の国際版画公募展「第7回 FEI PRINT AWARD」にて、拙作「異なる夜へ」が「美術の窓賞」を受賞しました。他の入選作一点と共に以下入選作品展覧会にて展示されております。

<第7回 FEI PRINT AWARD入選作品展>
期間:2018 年 9 月 4 日(火)ー 9 月 16 日(日)10:00〜19:00(最終日は 17:00 まで)

図像: 是蘭「異なる夜へ」Toward Different Night 2018
    68 x 60.5 cm モノタイプ(紙、アクリル絵具、インク、孔版)


[PR]

by zelan | 2018-09-10 19:57
2018年 09月 09日

美しければ、機を逃さずにそこで止める

c0207661_19052071.jpg
ものを創っている時は、タイトルに書いたように「美しければ、機を逃さずにそこで止める」ってことが至極重要だ。
それは途中であっても完成させる直前でも同じ。でも、「サービス(いわゆる「味」とか、場合により「マチエール(質感)」など)が足りないのでは」とか、「ちょっと乱れているかしら、整えよう・・」とか思ってあれこれやっていると、表現にどんどん夾雑物が増えていく。

そういう意味では美術は武道に似ていて、余計なことをしていると容易に斬られて(負けて=質が保てなくなって)しまうのである。

なんだってそうかもしれないが。

(図像 是蘭 「Awakening」 2018)

[PR]

by zelan | 2018-09-09 23:47
2018年 09月 02日

個展案内:「或る女性 A Certain Woman」11月 銀座Gallery Art Pointにて

c0207661_17055121.jpg
2018年 11月8, 9, 10日の3日間、銀座のGallery Art Pointプロデュースにて個展「或る女性 A Certain Woman」を開催致します。
旧作コラージュから新作の絵画、ミクストメディア作品まで30点前後の展示を予定しています。

<展示概要>
会期:
11月8日(木)開廊12時半 閉廊19:30
11月9日(金)開廊12時半 閉廊19:30
11月10日(土)開廊12時半 閉廊17:00
(最終日は閉廊が早めですのでご注意ください。)

会場はGallery Art Point(銀座)、アクセスは以下の通りです。

アクセスマップ:

会期中存廊しております。
お目にかかれますのを楽しみにしています。


[PR]

by zelan | 2018-09-02 21:26