原初のキス

zelan.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2013年 02月 26日

となりの女子連

あまりいい趣味とも思えないが、喫茶店などで隣に座っている女子たちの話につい気がひかれることがあり、本を読みながら半分くらいの意識を使って聞いていると、「男性」と「ダイエット」の話がやたらに多い。男性といってもうまくいっている話はほとんどなく、好きな人からは目をかけれらず、むしろ避けたいくらいの人から追っかけられる、みたいな。一方ダイエットの方もたいていの場合派手に失敗している。全然やせないよ、という嘆きを聞きつつ、横目で彼女たちの食べているものを見ると、一枚の高さが3センチくらいある二枚重ねのホットケーキとかだったりするが、しかも彼女たちは先刻までそれぞれ具がてんこもりに満載のスパゲッティを食べていたのだ。これでやせないのは、何の疑問も謎もない、理屈どおりではないか、と思う。

一方男子の話題はというと、喫茶店で男子のグループが座っていることがほぼないのでわからない。彼らはいったいぜんたい、女子が喫茶店で嘆いている間、どこにどんな風に生息しているんだろう。
[PR]

by zelan | 2013-02-26 22:54
2013年 02月 25日

リヒターの言葉ふたたび

Picturing things, taking a view, is what makes us human.

というゲルハルト・リヒターの言葉を先にこのブログで引用した。絵を描く、あるものの見方を取るというのが人を人たらしめる、というようなことだと思うが、考えてみたらこのふたつ、密接に関連しているものとして、リヒターは提示しているのだろう。もちろんひとつの文として表しているのだから当たり前のことなのだけれど、最初にこの文を目にしたときは、引用する位だからすごくいいなあ、とは思ったけれども、Picturing things と、taking a view の間の関連については明確には、少なくともちゃんと言語化して認識してはいなかった。

人って改めてものごとを見ると新しい発見があったりする。その機構自体、自分には興味深いものに思える。
[PR]

by zelan | 2013-02-25 23:46
2013年 02月 25日

破棄

結構真剣に詰めていた作品、見切りをつけて破棄。その話を知人の画家に話したら、何カ月でも目に入る所において反省並びに向上に努めるのだ、と叱責?された。これはたくさんある真実の中の、少なくとも必ずやひとつの真実ではあると思う。
[PR]

by zelan | 2013-02-25 23:37
2013年 02月 25日

酒の色

お酒が飲みたかったのに家に他のものがなく、ブルーキュラソーのオンザロックという、無謀なものを飲んだ・・っていうとすごい飲酒家みたいだが、、それほどでもない。

ときどき、自分のやっていることが今この瞬間の東京(あるいは世界中)において大体何人くらいの人々がやっているか、確かめようもない想像をして楽しむ、というより脳のCPUを無駄に使うことがあるが、ブルーキュラソーのオンザロックは結構いい線いってる(即ちいい線というのは少なければ少ないほどよい、という意味)と思う。

それにしてもあの色はすごい。成分はWebで調べればすくわかるであろうが調べていないので、不詳。
[PR]

by zelan | 2013-02-25 23:34