原初のキス

zelan.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2012年 05月 29日

重大事

人間っていつも変わりたい変わりたいと思っているくせに、普段とまったくおんなじ行動ばっかりとりたがるところがすっごく不思議。どういう理屈なんだろう・・・。

不思議がってる場合ではなく、これはほとんどすべての人間にとって、結構な重大事なのではないかしらん、と
ふと思った。
[PR]

by zelan | 2012-05-29 22:58
2012年 05月 29日

ひとは変わらない

人間てやっぱり一貫性がある、と思うのは、ときたま自分のブログを読み返すとき。
最近、グーグルなどのレコメンデーションに関しいくつか記事を書いたが、以前にもこういうことを書いていた。

「インタレストはマッチしてない」
http://zelan.exblog.jp/15012745/

そう言えばここに書いてある「美髪」だの「年収一千万以上」だのという広告は、最近出ないなあ。もう美髪とか年収とかへの興味を超越しちゃったと、勝手に認識されているとすれば、少々悲しい気もするが。
[PR]

by zelan | 2012-05-29 22:15
2012年 05月 28日

瞬時の長さ

いろんなことを瞬時に判断している、判断できる、という確信がどこかにある一方、ずいぶんと無駄に長く、判断するのに時間をかけているなあ、と思うこともまた多い。

ところで判断などにおいて瞬時、って感じる時間って実際どれくらいなのかな。審美的な例で言えば、気にいった図像などを見つけて自分のお気に入りに登録したりする場合は、だいたい1/15秒位で判断しているような気がする。
[PR]

by zelan | 2012-05-28 20:26
2012年 05月 28日

おおきい

おおきい作品ていいよねえ、包まれるような・・という単純な会話を知人と交わした。大画面主義みたいのには別にシンパシーを感じないけど、主義からなされているものでなければ物理的、身体的、空間的な影響力他、考えること感じることは数限りなくある。
[PR]

by zelan | 2012-05-28 20:14
2012年 05月 28日

しない

グーグルさんは私にお子様用エプロンをレコメンドするのに飽きたのか、最近ではもっぱら格安の日英翻訳サービスを売り込んでくる。エプロンのレコメンデーションがなくなったのがこのことをブログに書いた後のタイミングにぴったりと合っており、翻訳サービスの方は関わっている会社の関係でサーチした日の直後なのが不思議だ。

後者は当たり前なのかな。でも他にも色々とサーチしているなか、翻訳サービスについてはたった一回なんだけど。ほとんどネット上における一挙一投足を監視されているような気分だが、深くは考えないことにする。
ただこちらサイドからの少々のいやがらせとしては、レコメンドされているリンクを私は基本クリックしない。
という人もまた、レコメンデーション機能にとってはとっくに「想定内」のことなんだろうけどさ。
[PR]

by zelan | 2012-05-28 19:37
2012年 05月 26日

思ったこと

感覚とか、感情とか、意思とか、認識とか言うけれども、これらはひとつの現象の動きの質に対する異なる名づけにすぎないかもしれない。
[PR]

by zelan | 2012-05-26 00:09
2012年 05月 25日

御託宣

何かのパーティなのか人でごったがえす室内にいて、ふと見るとそこかしこに子ブタや子羊、山羊など動物の姿がある。私のところへちょくちょく来て食べ物かなにかをほしそうにしているアルパカっぽいような犬っぽいような、白い毛の生えた大き目の動物もいて、来ては去り来ては去りして私もなにかあげたかどうかはさだかでないが、あるとき突然人間の言葉で、「ぶどうがほしい、ぶどう、ないの?」とはっきり言った。5、6才くらいの、男の子の声だった。

「ぶどう?あるかなあ・・・」と適当にお茶を濁していると、その動物は無垢で威厳のある黒眼がちの目でじーっと私を見つめたかと思うと、「ぶどうを食べさせよ!」といきなり高圧的かつ決然たる口調で言った。
「どうして・・・?」と問うた答えがこれ。

「ぶどうは計画力をたかめるのぢゃ」

と、いう、きてれつな夢を見た。
[PR]

by zelan | 2012-05-25 06:29
2012年 05月 21日

日蝕でなくて太陽

どうやら明日朝7時くらいに東京でも日蝕が見られるらしいのだが(雲だらけでなければ)、自分はおそらくその時間寝ているので関係ないのである。
そんなことより気になるのが最近活発になっている太陽の活動そのもので、自分の頭のCPUを油断するとつい使ってしまう。たとえば今日友だちが教えてくれた以下のようなニュースを見ると。

スーパーフレア
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120517/k10015174861000.html

太陽がスーパーフレアになって地球にものすごく影響があったりしたら、皆結構やられてDNA的に強かった人だけが生き残り、何百年かたったら新しい種類の人類が闊歩するようになるのかなあ・・・。あるいは影響がありすぎて一挙に全滅とか・・・。
しかしながら、生命体はいつか死ぬのだからそれが病気だろうが太陽の爆発のせいだろうがさほど関係はない、というのは厳然たる事実だ。今この一瞬をできるならまっとうに生きよう、というのが、こう書くとやや抹香臭いけれども正しい態度には違いない。
[PR]

by zelan | 2012-05-21 00:21
2012年 05月 16日

気にいった

新古今集速読には結局1時間とちょっとかかったのだけれど(Webで見てたのでスクロールに時間がとられた)しょっぱな春のうたで気にいったのがこれ。

 ふして思ひ起きてながむる春雨に花のしたひもいかにとくらむ

春雨ばっかりふっちゃって花のつぼみもほころびようがないじゃないか、というのにかこつけ、寝ても覚めてもあなたのことを考えているのにちっともなびいてくれない、というのをなげいているのだが(多分)、随分とみやびなぐち。
目や頭の焦点距離が、自然から恋心まで、すごいダイナミックレンジでのびちぢみするのがよい。

ところで、日本人がDNA的にもっとも美を感じるこころもちは「せつない」だと思うけど、どうだろう。
昔の和歌集なんて、ほとんど嬉々としてせつながってるかんじなのだもの。
[PR]

by zelan | 2012-05-16 21:06
2012年 05月 14日

思い立つ

ふと思い立って今から新古今和歌集のすべての歌を30分くらいで読むことにする(速読が得意)。
先日会ったさる経営者の方から、情報はなるべくたくさん入れて、それでもっていざ何かを判断するためには、考えすぎないこと、と言われた。理詰めでオプションをたくさん考えても、現実は絶対に考えた通りにはならないから、ということであった。いわばある程度いい加減、というか直感に基づいてやる訳だが、直感の精度をあげるには広く素早く情報に触れておくことが重要ということ。

新古今和歌集を読んで何を判断し何をしようとしているかは、今の処は伏せておく。
[PR]

by zelan | 2012-05-14 20:48