原初のキス

zelan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:コラージュ( 3 )


2019年 01月 26日

コラージュと朝ごはん

c0207661_12135007.jpg
このブログでも最近紹介している岡上淑子氏のコラージュの展示が目黒の庭園美術館でいよいよ今日から始まる。


コラージュは結構根源的に人間の営為に近い。人はいつもいろんなものを「組み合わせ」ているからだ。
朝ごはんを作る時に卵焼きと目玉焼きとスクランブルエッグを出して旦那や子供を驚かさずに卵焼きとお味噌汁と干物とご飯を出すのも立派な組み合わせ感覚及び行為である。

もっとも表現としてのコラージュは和定食ではない。大昔カリフォルニアロールというものを知りちょっとびっくりしたが食べ物でいえばあっちの方がコラージュに近い。それまで米とアボカドを一緒に考えることなんて殆どなかっただろうから。

コラージュは即ち基本的な制作原理として、素材同士であれ素材の持っている一般概念に対してであれ、「距離」を作るというのが重要である。そういう意味では卵焼きと目玉焼きとスクランブルエッグ朝食は意外にコラージュ。通常の、卵料理を含む朝ごはん概念からの「距離」があるからである。


by zelan | 2019-01-26 12:16 | コラージュ
2019年 01月 22日

正解二種

c0207661_12095023.jpeg
自分は比較的最近まで全ての問題には絶対的な正解があると思ってきた(それに自分がたどり着けるか否かは別して)。
でも最近になって、絶対的答えっていうのはない場合も多いんだろうとしぶしぶ認めるようになった。
しかし何と今でも、「相対的正解」はあると思っているのである。つまり何かの問題について考えるとき我々は多くの場合答えに関するいくつかの仮説から選択する。そういう場合には他の選択肢より総合的に見て優れた答えというものが必ずあるように思う訳。もしかしたらこれも事実ではなく、問題によっては答えだのよりよい答えだのがないものもあるかもしれない。でも、であるならそもそもそれを「問題」と捉えることが「問題」だと、個人的には思うのである。

という「正解問題」について頭を巡らしていた時具体的にどんな状況だったかというと、部屋を片付けてから風呂に入るか、風呂に入ってから片付けをするかということで迷ってたんですね。
冬場になるとお風呂のお湯が冷めやすいのでなるべく早く入った方がいいが、制作してやや乱れていた部屋を見るとこれを放置してお湯に浸かってもリラックスできそうになくしっくりこない。
実は自分の理性が即座に出していた答えは風呂に入るである(だって迷ってる間にも湯がどんどん冷めるんだもん)。ただ感情は感情で明確に掃除を優先したがっていたのである。そこで力を振り絞り、「相対的正解」を選択即ち風呂に入ったのだった。

ところでコラージュを作っていて、何かの素材に別の素材を組み合わせる時、それには正解っていうものがあるのだろうか。
物理的には無限に近いほどある選択肢の中からより適合するものを選ぶということで、ここでもまた相対的な解が登場だ。言ってみればすべてのコラージュは作家が必死で選んだ相対的解の集まりで創られている。

一方優れたコラージュというものは相対的なはずの解が絶対的解に見えるのです。これが不思議。

1月26日から。





by zelan | 2019-01-22 12:16 | コラージュ
2009年 09月 27日

2009年6月10日 コラージュについて

コラージュとは、古典絵画などの切り抜きを始めとする既存のイメージの
組み合わせによって、新たなイメージを構成する技法である。
芸術表現としては1910年代にピカソやブラックが始めたとされ、
ダダやシュールレアリスムの運動の中で発展した。
代表的作家にはドイツのマックス・エルンストなどがいる。彼が1920年代末
に発表した「百頭女(ひゃくとうじょ)」は、今もコラージュ作品の金字塔として
有名である。

歴史的な説明はともかくとして、コラージュにおける制作上の面白さは、
「痕跡を残さずにモチーフを動かすことができる」という、平面芸術においては
稀有な特質を持っていることだ。
つまり自分の身体の運動性そのものと、飽かず戯れることができるのだ。
加えて、コラージュではイメージの構成要素である素材を自ら制作しない
ため、対象に迫る鍛錬されたデッサンや、マチエール(筆触)への意識に
エネルギーを振り分けることなく、イメージの強さそのものに単刀直入に
取り組むことができる。

他者の作った素材を通し運動性とイメージの強度を追求するという
コラージュの制作過程から、コラージュが持つこととなる特異な情緒は、
「他者性」の「侵入」である。
コラージュとは結局の処何かに何かを侵入させて、それが「ぐっとくれば」
いいものだ。

その意味でコラージュは、いずれの作品も象徴的には一種の性的な表現と、
言えるかもしれない。

by zelan | 2009-09-27 12:59 | コラージュ