人気ブログランキング |

原初のキス

zelan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:美について( 5 )


2019年 05月 24日

Beauty

美しいものが人間に創れるというのは、完全なる幻想だと思う。
だから自分は、「美しくしよう」と志向して創られているのを感じる作品をあまり好まない。


by zelan | 2019-05-24 21:17 | 美について
2019年 03月 30日

自然

c0207661_07432420.jpg
ゴミ箱の中というのは時々非常に美しいありさまになっている。ゴミを入れる時、美しく配置しようなどという意図が全くないからである。




by zelan | 2019-03-30 07:41 | 美について
2019年 03月 12日

少し哀しい

c0207661_17034303.jpeg
美味しい和菓子屋さんのショーケースの中で練り切りなどが個包装されている。
あれが実に惜しい。セロファン状のもので包んであるにせよ、フタが透明の小さい箱型のものに入れてあるにせよ、ショーケースのガラスに加えてあれだから、いかにも感覚的に遠すぎる。正確な色だとかマチエールが分かんなくなっちゃう。

ケーキなんかはああいう風になってないことが多い。乾燥防止の効果などはあると思うが、形態からしてやりやすいから覆われるに至ったというのもありそうだ。でもやっぱり残念。



by zelan | 2019-03-12 17:05 | 美について
2019年 02月 01日

おじさんのズボンの膝裏のしわが美しい

c0207661_20443020.jpeg
夕方電車で座っていて、目の前に立っていたおじさんのズボンの膝の裏側についたしわに目がいく。ベージュの張りのある生地で、その部分だけかなりしわしわになっているのだが、菱形が入り組んだようなそのしわの具合が夕刻の弱まった斜めの光の中でひっそりと際立ち、えらく美しいのであった。

世の人皆美術をしていたらおもしろいことが増えるのぢゃないかしら・・と思うのはこういう時。もちろんそんな世の中、訪れるはずもない。


by zelan | 2019-02-01 20:44 | 美について
2019年 01月 30日

美しくなければやりたくない

c0207661_22405715.jpeg
最近、全部とは言わないが色んな国々の為政者の振る舞いや施策を見ているに、美しくなければやりたくない、というようなシンプルな倫理的美意識に基づく行為、あるいは行為しないことが選択されるなら、世界はこのようではないであろうと思う。各国の政治に関わることになるような人々は行動力も知力も基本的には優れた人々のはず(欲の皮だけつっぱってるとはさすがに思いたくない)。そのような方々にしばしば欠けているものがこの倫理的美意識であるとすれば、大変残念だ。

倫理的な美に従うということは単に、利己的な理由を第一義として他の生命を侵害せず、建設的な協調を実現すべく人として希有にも与えられた知性を使うということ。

そんなめちゃくちゃ難しいこととも思えないが、これを全世界的に実践するのが難しいままに人類は既に長い長い道を歩んできた。

さて、できることは何か、取り急ぎ自分だけは、できうる限りの倫理的美的感覚を持ち続けるということ。



by zelan | 2019-01-30 22:43 | 美について