人気ブログランキング |

原初のキス

zelan.exblog.jp
ブログトップ
2019年 01月 13日

リペルアート(1)~ 基本

c0207661_16333897.jpg
渋谷Hikarie並びのウエマツさんと言えば戦前からやっている老舗の画材店だが、こちらで販売されているリペルという画材シリーズを縁あって探求している。これがまた、「油絵具」とか「アクリル絵具」とかのレベルで標準描画材になってもいいのでは・・と思ふ程興味深い。

基本は
 ・リペルペーパーという水分を吸い込まない性質の用紙に
 ・リペルという液剤を塗布し
 ・その上からマチエという液剤を垂らす

材料たち:紙はリペルペーパー、黒いのがリペル、白いのがマチエ
c0207661_15161521.jpg
リペルをボトルから紙に垂らして、又は皿に入れるなどしてから筆で塗布
c0207661_15162603.jpg
乾く前にマチエを垂らすと化学反応?で模様が現れます。
c0207661_15164454.jpg
リペルには各種ありマチエ(カラーもあり)との反応で種々の図像ができる。リペルの塗布の厚みやマチエの量なども結果に影響。
c0207661_16253609.jpg
c0207661_16310695.jpg
この画材の開発企図は「美術の裾野を広げる」ことであると聞き及んだ。確かに、使って易しく目に楽しい。
一方、流体のふるまいにきっかけを与え、制御し(完全には制御しきれないが)、選択し、定着させるという通常の粘度のある絵具とは異なる機序が、作り手である自分をふと我に返らせるところが個人的には興味深い。どうして図像をそこで選ぶのか、自分がおもしろいと思っているものは何で、それは正当なものなのか、等々である。なぜなら、それはかなり根本の問いなのだから。




by zelan | 2019-01-13 17:15


<< 岡上氏と「センス」~ 「岡上淑...      突破口何を突破するか占い >>