原初のキス

zelan.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 09日

美しければ、機を逃さずにそこで止める

c0207661_19052071.jpg
ものを創っている時は、タイトルに書いたように「美しければ、機を逃さずにそこで止める」ってことが至極重要だ。
それは途中であっても完成させる直前でも同じ。でも、「サービス(いわゆる「味」とか、場合により「マチエール(質感)」など)が足りないのでは」とか、「ちょっと乱れているかしら、整えよう・・」とか思ってあれこれやっていると、表現にどんどん夾雑物が増えていく。

そういう意味では美術は武道に似ていて、余計なことをしていると容易に斬られて(負けて=質が保てなくなって)しまうのである。

なんだってそうかもしれないが。

(図像 是蘭 「Awakening」 2018)

[PR]

by zelan | 2018-09-09 23:47


<< 受賞及び展示のご案内:「第7回...      個展案内:「或る女性 A C... >>