人気ブログランキング |

原初のキス

zelan.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 27日

ルーティーン

今世界で最も重要な芸術家/写真家であるドイツのヴォルフガング・ティルマンスが、ただもうひとつ別の作品を作りたいという欲求に逆らいながらそうでない構えでものを創る、というような意味のことを対談の中で言っていた。

確かに、自分の限られた経験の中でも、何かを単なる「作業」にしようとしたり、ルーティーンにしようとすると、その行為のクオリティは、必ずや下がる。

普通考えられていることとは、逆かもしれないけれど。

by zelan | 2011-10-27 22:30


<< 街中の骨      頼れる >>